​N O M I C H I  H A S H I M U R A

​- 橋村 野美知 -

まだ見たこともない色を探して、いくつもの色を重ね、削ってを日々繰り返し作られた橋村野美知さんのガラス。

色に現れてくるのは、そのときどきの気持ち。懐かしさをくすぐる風景。美しい言葉を綴った歌。

​まるで詩を読んでいるようなガラスです。

C o l l e c t i o n

​- 税込価格 -